2013年07月19日

ミラーレス一眼のCMの彼女と、その周辺で(第24回)

2013入谷朝顔市にて(台東区)

前回の続き。

以下にリンク紹介と書籍の紹介あり。

毎度申し訳ないが「つなぎ投稿」である
(この瞬間もがんばって執筆中)。

つい昨日のことだが、
大変興味深いページを発見したので
紹介させていただきたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このシリーズで書きたいことは山ほどあったが、
ちょうど選挙期間中ということで
あえて控えていた。
でも別に特定の政党や候補者に
とやかく言うわけでもないし、
そんなに気にすることは無いかな。

というわけで早速紹介したいのは
以下のリンクである。
あきれるというか笑ってしまうかもしれない。
タイトルが既に面白い。
ご覧あれ→クリック

さらにもう一つ。
今度は大手新聞系のネットメディアの記事である。
このテの情報はもはや
メジャーどころでは「この系列」からしか
得られないだろうな。
ご覧あれ→クリック


こっちはあまり笑えないかもね。
重要に違いないが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前当ブログ数回前の投稿にて
ある新刊書籍を紹介させていただいた
(当時は予約中)。
あまりの反響の凄さに
大幅に刷り部数を増やしそのせいで
だいぶ発売日が遅れたようだが、
ようやく書店にお目見えとなった。
レビュー読むだけでも面白い。



以下、
いくつか書籍を紹介させていただきたい。

もう今しがた
テレビ新聞等に毎日接する程度で
この世相を俯瞰したかの如く考える人も少なかろう。
手軽にあちらからやって来る情報に
たいしたものはない。
勿論本人の知性のレベルにもよるだろうが。
本当に有益なモノにありつきたいのなら
「自分から向かっていく」しかないと思う。

「自分から向かっていく」とは
どういうことか。

色々あるだろうが、
私たち凡人にまずできることは
本を読むことである。

「本なんかで何が分かるってんだよ」

心配ご無用だ。
そういうことをいうやつは
そもそも本を読んでいないから。

以下の書籍(著者)は
自分も知っていたが、
奇しくも先日
我が弟からも強く勧められてものでもある。
「マジ読んでよ」「ちょーわかりやすいから」と(笑)。








知らないうちに
私の身の回りにも、
物凄い勢いで
「憂国の念の持ち主」が増えている。
今までは
友人知人の間で
政治の話など一切しなかったが、
別に嫌われてもいいやと開き直り
持論をぶちまけると、
意外なほどに同調してくれることが多い。
いや、ハッキリ言って怒り心頭といって差し支えないレベルだ。
私の女性の友人たちも同様傾向である。

読書が苦手な方には以下のサイトをお勧めする。
YouTubeのチャンネルだけど、
上記著者たちその他スゴい人たちが論客となり
大変貴重な話を聞かせてくれている。
こちらも必見である。
クリック

これ見たら、
たぶん人にしゃべりたくて仕方なくなると思うので、
そのつもりで。


今日はこんなところで。


次号に続く。





Posted by bakashatokyo68 at 00:41│Comments(0)TrackBack(0)雑記 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bakashatokyo68/52340150